「劇場版ポケットモンスター ダイヤモンド&パール ディアルガVSパルキア」ワールドアトラスポスター等、キャラクターやゲーム、基となる神話や物語、広告等周辺に関わる仕事の紹介、現場で求められる人材の条件と勉強法など。
上記のテーマで、イラストレーター・アートディレクターの原田みどり氏の特別授業が行なわれた。

日時 :
2007年6月26日(火曜日)
第一部(講議、質疑応答)14:00〜16:30
第二部(作品講評)16:50〜18:30

場所:本学生涯学習センター

受講者 :
対象学年の2年生を中心に、1〜4年生の約90名イラストレーションクラス学生

講議要約:
 原田氏は主にポケモン(ポケットモンスター)のビジュアル制作をフィールドに活動している。初代「ポケットモンスター 赤・緑」から、最新作の 「ポケットモンスター ダイヤモンド・パール」まで、ゲームやアニメの告知ポスター、 カードゲーム、攻略本など、その活 動範囲は多岐にたる。また、近年は仮面ライダーなどの商品のデザインなども手がけられ、キャラクタービジネスの現場で活躍されている。
 当日は、ご自身の仕事内容を紹介しながら、イラストレーターに求められる姿を語った。クライアントとの調整をふまえながら、ポケモンファンたちの想いをいかにカタチにするか、その中に自分の表現をどう織り込んでいくのか、チームワークとしてビジュアルを完成させ、ポケモンの世界観形成に関わりながらプロとしての姿勢を語った。
 また、講義の後半では、絵を描く仕事として社会(企業)が求める人材像について、広範囲でのお話があった。現場感あふれる講義内容は学生たちに大きな刺激を与えた。

0706harada.jpg

↑原田みどり氏のオリジナル作品

http://www.vert.jp/
↑原田みどり氏の個人サイト